クレンジングバーム オイルフリー

新しいクレンジングとして話題のクレンジングでオイルフリーのものはあるのでしょうか?

クレンジングには様々な種類があり、リキッドやオイル、ジェル、クリームなどがあり、肌質や使い心地によって自分に合ったクレンジングを選ぶことができました。

しかし、リキッドやオイルは肌質によっては肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、乾燥肌や毛穴の開きの原因となることも。

クレンジングバームならメイクなどの油性の汚れを落としながら、ほこりや汗などの水性の汚れもすっきり落とすことができ、クレンジングの中でデメリットがない唯一のクレンジングと謳われるほど美容業界で注目度が高まっています。

しかし、オイルが含まれておりクレンジングなら、皮脂を取り過ぎてしまい、乾燥肌を悪化させる原因にもなるので、できればオイルフリーのものを選びたいのですが、クレンジングバームでオイルフリーのものはないのでしょうか?

クレンジングバームにはオイルフリーはない!?

クレンジングバームはワセリンや蜜蝋などを基本とした肌に塗りやすい形状になっており、半固形になっています。

水性の汚れだけでなく、メイクなどの油性の汚れを落とす効果もあることから、クレンジングバームでオイルフリーになっているものはありません。

オイルフリーのクレンジングバームがないなら、乾燥肌や肌のつっぱりが苦手な人は使えないのでは?と思いますよね。

クレンジングバームは油性の汚れを落とすだけでなく、同時に美肌効果のある成分が含まれているものがほとんどなので、クレンジングバームが原因で肌が乾燥してしまうことはほとんどないので安心してください。

ただし、クレンジングバームだからといってどんなクレンジングバームでも効果が高いわけではなく、配合されている成分によっては乾燥や肌荒れなどの原因になることも。

クレンジングバームを選ぶ時はどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

クレンジングバームを選ぶポイント

オイルフリーでなくても、肌に優しい植物由来の油分やスクワランが配合されているものであれば、肌の皮脂を取りすぎることなく、メイクをしっかり落としながらも潤い肌へと仕上げることができます。

オイルだから悪いのではなく、質の悪いオイルを使用しているクレンジングバームを使ってしまうことで乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうので、クレンジングバームを購入する時にはどんな成分が入っているかまずはチェックしてくださいね。

また、クレンジングバームではなく、オイルフリーのクレンジングも販売されていますが、一見オイルフリーだと肌に負担がかからずに良さそうに見えますよね。

しかし、実はオイルフリーだから肌に優しいわけではないのです。

天然由来の植物油などのオイルが含まれているクレンジングはまずはメイクの油性成分をオイルの効果で浮かせてから洗い流すことができます。

オイルフリーだとメイクの油分を浮かせることなく、界面活性剤により無理にメイク汚れを落とすしかなくなってしまうので、結果的にオイルフリーのほうが肌に負担がかかってしまいます。

もちろん粗悪なオイルが使われているクレンジングを使うのであれば別ですが、天然由来の植物油を配合していることが原因で肌に悪影響を与えることはないので、オイルフリーにこだわる必要ないといっていいでしょう。

クレンジングバームにはオイルフリーのものはありませんが、質のいいオイルが含まれていることにより、メイク汚れを浮かして毛穴の奥の汚れを隅々まで除去することができます。

オイルが入っていると何となく肌に悪いと思われていた方も多いと思いますが、大事なのはどんなオイルが含まれているかという点です。

クレンジングバームを選ぶ時にはどのようなオイルや成分が配合されているのかをきちんと調べてみから試してみてくださいね。